FC2ブログ

TxSxK@The Swing KidsのCalifornia Dreamin’

The Swing Kidsタスクの日記。 バンドの情報や今日起きた些細なことまでいろいろと書いていきます!

 

LOS ANGELES 9/9 その2






Getty Museumをあとにし、マリブ方面に向かう。
目的はなかったがショッピングモールもあるしということで目指す。強いて目的を言えばその車窓。サンタモニカからマリブの海沿いの風景が見たかった。平日で実にのんびりとした景色が見える。丘の上、海の近くは地価も高くリッチな感じの建物が続く。ただ走る。それだけでも時を忘れる。ショッピングモールに着いてなんとなく散策。物欲もない。ただ歩く。そういえば9/7にThe Groveの後にLa Breaのアメリカンラグシーに行ったのを思い出した。ここでstussyのセールの手袋買ったんだった。今んとこ衣料品はその手袋とVal Surfのキャップだけ。コストが良い。
夕方前にマリブを出た。さっき通ってきたサンタモニカに向かう。ベタだがわかりやすい観光地。遊園地が併設された桟橋。夜でも歩ける歩行者天国ショッピングストリート。
車を停め浜辺に降りる。海に向かって一目散。ズボンはびしょ濡れだけど気にならない。気持ち良すぎる。日光浴を楽しむ人たちに紛れ日光浴。寝るよね。遊び続けさすがに疲れたのか20分ほど寝てしまった。楽し過ぎ疲労にてもうこのまま死んでしまっても、、いかん!現実に戻らねばで起床。
桟橋を散策。ここはあのROUTE66の終着点なんだね。露天や釣りを楽しむ人、皆それぞれだ。桟橋から陸を眺めると陸づたいにヤシの木が並び少し傾いた日差しが当たり間もなく訪れるeagles のHotel Californiaのジャケット的な景色を想像しウヒヒな気持ちに。
陸に戻り徒歩ですぐの3rd street、歩行者天国へ。この度で何回か行ったurban out fittersなどを見て回る。特に収穫なし。
喉を潤すために入ったマクドナルドでアイスクリームを注文。チョコレートアイスかと思い食べたところ普通のソフトクリームにパリパリのチョコレートがコーティングされてる。うまい!どうやって作ってるの?知ってるかた情報ください。
さて、このあとの予定だ。明日には日本に帰る。今日がその最後の夜。私は何を考えたかWal-MartとHome Depotが隣接された場所を探す。。。ちょっと待てと。
この夕日を見る絶好のポイントでなぜわざわざ屋内をという誰でもわかる突っ込みを相方より受け自分のバカさ加減には振り返らずまた海の方に。
ナイスなタイミングだった。人々は何を求めてかそこに集まり皆夕陽を見つめる。それは眩しくまるで明日も頑張ろうぜと背中を押してくれているメッセージにも見える。心のなかでは完全にTequila Sunriseが流れる。(←夜の歌、朝の歌と諸説あるがもはやどうでもいい)
いろんなところをまわっても結局はこの自然が与えてくれる感動がワタクシは一番沁みてしまうのかもね。プライスレス。これが見たかったのだ。
そしてそういった感動が嘘のように夜の活動へ。sunset blvd. にあるAmoeba Musicへ。レコード屋だ。音楽好きなら半日以上はいたくなる宝の山。あのレア盤が驚きの価格で手に入る。着いたのは8時過ぎ。改めて店内のでかさにひるむ。物色開始。あれやこれやと欲しいものはあったが時間に制限もあったのでゴング土産品と自分の土産をちょい買いして退散。移動。お次はチャイニーズシアターへ。有名人の手形が敷き詰められたタイルは有名。アキラクロサワに並びタカヒロムラチを探す間もなく外観を車から眺めて終了。前回も行ったしな。
さてと、ホテルに帰りますか。今夜は何を食べようかと検討。先ほど通り過ぎた鬼のように混みまくってるIn-n-outを思い出す。そうか、まだ食ってなかった。西海岸ファーストフードの人気ナンバー1ショップだ。ここのダブルダブルチーズバーガーが何を入れてるかわからないぐらい凄まじい旨味だ。正直もういいかなとは思っていたが入店。スンゲー混んでいる。店内で食うというテイで同店のオボンを持ち帰ろうという作戦に成功するもオボンはなんの刻印もないただのオボンだった。悪いことはするもんじゃない。そして同店の無料ステッカー、くれと言えばくれるのだがなんとデザインがリニューアル。これは嬉しい。 ホテルに戻りすぐ寝る。
楽しい毎日も明日には日本に帰る。
綺麗な夕陽を見ながらなんとなくおセンチになるのは悪くない。

次回はいよいよ最終回!?
スポンサーサイト



Comments

Body

« »

03 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Tasuku Suzuki

Author:Tasuku Suzuki
Hello, My Friend!
Thank you for stopping by to check out my blog!

My band Web Site http://theswingkids.com/

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR